logo.gif
 
サイト内検索/Site Search 
 
 
 
日本語 | English
 
 
 
 
 
 
 
 教科書コレクション画像DB

 広島大学図書館SNS
 facebook twitter
 
HOME > 資料の検索> 電子ジャーナル・ブック> 学外からのアクセス方法 
 

学外からのアクセス方法

広島大学の学生や教職員であれば、自宅や出張先など学外からでも電子ジャーナル・ブックやデータベースへアクセスできます。(広島大学の構成員でない一般の利用者の方は、学外からのアクセスは認められておりません。)
学外からのアクセスは、以下の2つの方法があります。

■VPNサービスによるアクセス

VPNとは、学外のネットワークに接続した状態でも学内のネットワークに接続した状態と同じ環境にするサービスです。


1. 専用ソフトウェアのインストール

情報メディア教育研究センターのVPNサービスのページ(SSL-VPN方式)を参考にして専用ソフトウェアのダウンロードとインストールを行ってください。詳細についてのお問い合わせは、情報メディア教育研究センターまでお願いたします。


2. 電子ジャーナルやデータベースを利用する

VPNの設定後、広島大学が契約している電子ジャーナル・ブックやデータベースを利用できます。


※以下のデータベースは、契約によりVPNサービスによる利用が認められていません。 

  • 医中誌WEB       
  • UpToDate       
  • 今日の診療プレミアムWEB 版

その他主要な電子ジャーナル及びデータベース出版社の利用条件はこちらをご覧下さい。利用条件は毎年の契約により変更される場合があります。



■シングルサインオン(シボレス[Shibboleth])によるアクセス

広大ID/パスワードの入力による認証のみで、学外から一部の電子ジャーナル・ブックやデータベースを利用できます。

電子ジャーナルやデータベースによりログイン画面は異なりますが、概ね下のような流れになります。


1. 電子ジャーナルやデータベースのウェブサイトでの認証   

各電子ジャーナルやデータベースの画面で機関ユーザーログイン(Shibboleth Login、Institution Login)を選択し(一般のユーザーログインとは入り口が異なります)、Japanese Institution Login(Gakunin)→Hiroshima Universityを選択して下さい。


2. 広大のログイン画面での認証   

広大のログイン画面が表示されますので、広大ID/パスワードでログインして下さい。


3. 電子ジャーナルやデータベースを利用する     

ログインに成功すれば電子ジャーナルやデータベースを利用できるようになります。


※現在、シングルサインオン(shibboleth)に対応する電子ジャーナル・データベースは以下のとおりです。



関連ページ