logo.gif
 
サイト内検索/Site Search 
 
 
 
日本語 | English
 
 
 
 
 
 
 

 広島大学図書館SNS
 facebook twitter
 
More EventNews
 

User Inquiry

You can check your record and renew borrowing books.

New Books

Ranking

New Review

  • さらば、愛しきマツダ
    著者は30年以上にわたってマツダに勤務し、2001に退社された方。会社の源流、マツダが初めて実用化したロータリーエンジン、著者が深く関わったというエンブレム(車の前に付いているマーク)作成といった話題…(2016/12/26 10:02)
  • 廣島復興大博覧會誌
     1958(昭和33)年に行われた大博覧会の記念誌で装幀はビロード地です。豪華な箱にも入っていたのではないでしょうか。 計画段階からの経緯説明や協賛企業・団体による展示の様子、観客動員数など詳細な記録…(2016/12/01 22:31)
  • 広島原爆戦災誌
     広島平和記念資料館のサイトにて文章の部分はPDFで公開されています。http://a-bombdb.pcf.city.hiroshima.jp/pdbj/search/col_book それでも、こ…(2016/12/01 22:17)
  • 広島原爆医療史
     第3章「地元における救護活動の実相」(pp.126-426)に各方面による座談会の記録が付いていますので、これらを参照すれば、平易な言葉で救急活動のコツを勉強できます。 続編は中央館2階奥の平和学…(2016/12/01 21:46)
  • 群青の海へ : わが青春譜
    日本画家で東京芸大学長をつとめた故平山郁夫氏の自伝。彼は広島県の生口島出身。中学時代に広島で体験した原爆のこと、苦労しながらも様々な人から影響を受け画家として成長してゆく様子、彼の絵画の題材となった仏…(2016/10/20 01:16)
  • 帰ってきたヒトラー
    映画化もされ、非常に話題になった作品です。我々は「ヒトラー」が巻き起こすドタバタ劇をついつい笑ってしまうのですが、笑った後に一抹の恐ろしさを感じます。ヒトラーがなぜリーダーとして選ばれてしまったのか?…(2016/10/18 22:41)
  • バイオリニストに花束を
    NHK交響楽団のバイオリン奏者を長年務めた著者が、修業時代から退職までの様々な出来事を書き綴ったエッセイ。内容は山形で過ごした少女時代、芸大の学生時代のこと、海外への演奏旅行、共演したソリストのことな…(2016/05/30 09:22)
  • メアリー・アニングの冒険 : 恐竜学をひらいた女化石屋
    本書は、19世紀にイギリス南部の海岸の町で化石売りをしていた女性メアリー・アニングにスポットを当てたもの。メアリーはほとんど無名の女性だが、探し出した化石を大物科学者に提供して恐竜研究の進展に大きく貢…(2016/04/28 15:23)
  • ラデツキー行進曲
    オーストリアの作家ヨーゼフ・ロートの長編小説。イタリア独立戦争でオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの窮地を救って負傷したトロッタ少尉は、一夜にして平民から貴族に列せられます。その後、三代にわたって皇帝…(2016/03/18 17:32)
  • 牡蠣と紐育
    ニューヨークは古くから美味しい牡蠣で知られていたとのことで、その牡蠣をとおして植民地時代から20世紀までのニューヨークの歴史が描かれる。内容は人文・社会学から生物学的な話題まで広範囲にわたり、けっこう…(2016/02/19 10:08)