logo.gif
 
サイト内検索/Site Search 
 
 
 
日本語 | English
 
 
 
 
 
 
 
 
 教科書コレクション画像DB
 

 広島大学図書館SNS
 facebook twitter
 
 
More EventNews
 

User Inquiry

You can check you account status after login.

New Books

Monthly Ranking

New Review

  • ヴォルフ歌曲集 ; 1, 2.
     私がヴォルフの歌曲を初めて聞いたのは高校生の頃であり、フィッシャー=ディースカウの来日公演がラジオで生中継されたときであった。その夜、フィッシャー=ディースカウはメーリケ歌曲集から二十曲ほどを選んで…(2020/03/31 06:37)
  • 銃・病原菌・鉄
     本書のタイトルの一部に「病原菌」という言葉がある。本書を読んでいる間にちょうど新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るった。古代の世界ではこのようなことが繰り返され、人類はウィルスに対する遺伝的…(2020/03/27 20:04)
  • 復讐
     「Hatred ceases not by hatred, but by love(憎しみは憎しみによっては止まず、愛によって止む)」は仏陀の言葉であるが、サンフランシスコ講和会議にセイロン(当時)…(2020/03/26 18:13)
  • サラダ記念日
     歌集としては異例中の異例のベストセラーとなった本作の衝撃は大きかった。本作の特徴を一言でいえば、ごく一般的な女性のありふれた日常を、平易な口語文、それも会話体の言葉も多く交えながら詠まれた歌集という…(2020/03/19 22:09)
  • 心にのこった話. -- 筑摩書房, 1996. -- (新・ちくま文学の森
     本書は「心に残った話」を集めたアンソロジーである。プロローグ的に配されている谷川雁の詩「雲よ」が実にいい。さらに好感が持てるのは、タイトルから予想されるテレビドラマでよくあるような物語の作品集ではな…(2020/03/12 21:32)
  • 恐ろしい話
     本書は複数の異なる作家による「おそろしい小説」を集めたものである。このような本をアンソロジーという。 池内紀氏による巻末の解説でも考察がなされているが、我々はどうして怖いものを見たり聞いたりしたがる…(2020/03/02 22:05)
  • 寺山修司詩集
     寺山修司は、俳句、短歌、詩、演劇、映画といった非常に幅広い分野で活躍した。それも、各分野の作品はかつて誰も到達し得なかったような水準にまで達している。私はこれを天才の仕事と呼ぶのをためらわない。 そ…(2020/02/14 21:08)
  • 知の逆転
     本書は、世界のトップ科学者6人に対し、各人の専門分野にとどまらず、社会、経済、政治、教育、そして科学は宗教に代わりうるか、といった問題にまで切り込んだ意欲的なインタビュー集である。インタビューに応え…(2020/02/07 22:34)
  • The old man and the sea ; : pbk.
     “But man is not made for defeat. A man can be destroyed but not defeated.”   この本を日本語の翻訳で読んだのはもう何十年前…(2020/01/31 21:06)
  • 名曲300選
     吉田秀和が選ぶ名曲300選の第1曲は、「宇宙の音楽」、すなわち神、あるいは神々の音、あるいは神々の使いたちの翼の響きである。さすがは吉田氏の名曲案内だけあって、凡百の名曲案内の本とは次元が違っている…(2020/01/24 21:01)