logo.gif
 
サイト内検索/Site Search 
 
 
 
日本語 | English
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 教科書コレクション画像DB
 

 広島大学図書館SNS
 facebook twitter
 
 

What's new

More EventNews
 

User Inquiry

You can check you account status after login.

New Books

Monthly Ranking

  • G.ベイトソン [著] ; 佐藤良明訳. -- 改訂第2版. -- 新思索社, 2000.<Books>
  • 川喜田二郎著 ; [正], 続. -- 中央公論社, 1967. -- (中公新書 ; 136, 210). -- Volumes:[正]<Books>
  • 今野達校注 ; 1 - 5. -- 岩波書店, 1993. -- (新日本古典文学大系 ; 33-37). -- Volumes:1<Books>

New Review

  • バカの壁
     2000年代初期にベストセラーとなった本。どんな内容なのか興味はあったが、今回初めて読むこととなった。養老孟司という人がテレビ等で発言しているのは何度も聞いたことがあり、その歯に衣着せぬ発言に好感を…(2019/09/09 19:51)
  • 丸谷才一の日本語相談
     一般の人々からの日本語に関する疑問や質問に、丸谷才一が答えるという内容の本。回答者が丸谷才一というだけで、並みの日本語解説ではないことは明らかだ。質問と回答はぜんぶで68組あるのだが、いきなり最初の…(2019/09/03 20:04)
  • 塚本邦雄
     この短歌界の大改革者について十分に書くだけの自信は、今の私にはない。しかし、やれるだけはやってみよう。 まず本書は、島内景二氏が、塚本の膨大な作品群の中から五十首を選んで解説を加えたものである。解説…(2019/08/30 19:43)
  • 寺山修司全歌集
     寺山修司が短歌をつくっていたのは、高校生くらいから三十歳くらいまでのあいだであるという。彼の短歌作品のうち、私がもっとも大きな影響を受けたのは「初期歌編」と呼ばれる作品群、すなわち高校生時代の歌たち…(2019/08/19 20:53)
  • キリンの子 : 鳥居歌集
     本作「キリンの子」の著者である鳥居氏は、公開の場に現れるときはセーラー服を着て現れ(著者自身が十分な学校教育を受けることができなかったため、教育の大切さを伝えるためだという)、過去に養護施設やホーム…(2019/08/07 19:50)
  • 高層の死角
    「人間には、先入観が気づかぬうちに働きまして、そんなことはわかりきったことだと素通りすることがあります。これが怖いのです」とは松本清張のことばである。森村誠一による本作「高層の死角」の中で使われている…(2019/07/31 20:08)
  • 東京現代建築ガイド
     建築家や建築評論家の書いた文章はきわめて難解で一般人には理解しがたい、というのが通説である。本書の内容も、単に東京の有名建築を紹介しているのではなく、それは東京の現代建築に関する鋭い批評となっており…(2019/07/26 19:01)
  • 大野晋の日本語相談
     著者の大野晋氏は、日本語学、特に古代日本語についての偉大な学者である。専門的なことは分からないが、タミル語と日本語が共通の祖先を持っているという大胆な仮説をたてて大がかりな研究をしたことでも有名であ…(2019/07/17 22:20)
  • これがクラシックだ : 音楽入門決定版
     著者の諸井誠氏は日本の現代音楽を代表する作曲家である。本書は、そのタイトルからもわかるように難解な作曲理論や退屈な芸術理論を展開してものではなく、主として音楽の初心者に音楽に親しむきっかけを持っても…(2019/07/10 19:57)
  • ラングストン・ヒューズ詩集
     ラングストン・ヒューズは、20世紀の前半から中庸に活躍した米国出身の詩人。アフリカ系アメリカ人として生まれ、その生活や感情を自ら詩や小説に表現した。いわゆる「ハーレム・ルネッサンス」の中心人物である…(2019/07/03 20:49)